サラリーマン

【サラリーマンの副業】副業してますか?会社にバレずに副業をする方法

副業

こんにちは、ともおです。

アラフォーサラリーマンです。

サラリーマンをやっていると、毎年の昇給の時期が楽しみで楽しみで仕方ないですよね!なーんて事は言えません。

そうです。よっぽどのことがない限り、サラリーマンの昇給は期待できません。

よっぽどのことというのはイレギュラーな事が起きることです。新製品の開発に成功したとかなら将来も多少安泰且つ給料も上がるかもしれませんが、すぐに終わってしまう可能性もあります。

サラリーマンは副業していいの?

まず副業して良いかダメかは会社の規定によりますので確認してください。

最近は認知されるようになってきましたが、まだまだ少ないですね。中には「副業OK」「在宅勤務」みたいな会社もあるようです。素晴らしい。

法律的にはサラリーマンであっても副業(お金を稼ぐこと)は問題ないです。

ただし「稼いだ場合しっかり税金を納めれば」の話ですよ。

会社が副業を認めている場合、裏で勝手にやっていることはできません。必ず会社側に説明が必要になります。

そして会社が副業を認めていない場合、素直に従うか、隠れて副業をするかの2択です。この場合、素直に従う方が多いと思います。バレたら大変ですからね。でも副業は人生を豊かにするので、おすすめします。

素直に従っても何も得しません。

会社の考え方

基本的に、会社は必要以上に給料を支払いません。なぜなら、給料を高くすると離職率が上がるからです。よっぽど画期的なものを作ったとか、賞をもらったなどあれば別ですが、一時的な報奨金でしょう。

当然ですが、企業が生き残っていくためには利益率が重要になります。例えば100円のものを100円で売ってたら単なるボランティア。ビジネスではないですよね。

メーカーであればものを作るための原価、作る人の人件費などのコストを売り上げから引いた額が利益となります。

その利益から会社で使用する備品や従業員の給料を払うことになります。

なので給料を上げるためには利益を上げないといけない。単純に売れれば良いわけではなく、そこに関わったコストが大きく響きます。

結局会社は「会社を守るため」に動いています。「会社を守る=経営者を守る」という事です。従業員が仕事ができなくなったら解雇されます。汗水垂らして得た利益は、全ては会社存続のためのもの。個人に還元されることはまずありません。

汗水垂らして働いても還元されないなら他で稼ぎましょということですね。

副業をすると会社にバレるの?

「副業をするとバレる」と言う噂も聞きます。

これはあながち間違いではありません、「やり方を間違えると」バレます。なのでやり方さえ間違わなければバレることはありません。

結構簡単なことなので、続きをご覧ください。

マイナンバーで副業はバレる?

マイナンバーで副業がバレることはありません。

企業側に知らせますが、あくまで使用できる範囲が決められており表面的なもの。副業をしていてもマイナンバーから直接バレることはありません。

ただしマイナンバーの目的は「個々の稼ぎを明確化する」なので、確定申告はしっかりすれば問題ありません。

手取り20万円以下であれば申告の必要はない

まず、雑所得として20万円以下であれば申告する必要はありません。もちろん経費を抜いた手取りの額が20万円以下です。

例えば、「今年は30万の雑所得があったが、経費が12万かかった。」であれば申告の必要はありません。

もちろん心配な方は申告しても良いですが、不要です。

収益が少なければ税務署も動きません、30万の売り上げがあったとしてもそれだけで調査には来ないです。必ず経費がかかるので「売り上げ=利益」ではないですからね。とりあえず領収書は保管しておきましょう。

20万円を超える場合は確定申告が必要

この確定申告で会社にバレるかバレないかが決まります。

確定申告の所得税のチェックがありますが、必ず「普通徴収」にチェックするようにしてください。

特別徴収」にしてしまうと、給料から差し引かれ、所得税が増えることでしっかり見る会社ならバレます。微妙な金額ならバレないかもしれませんが、比較すると少しでも変わっていればおかしいと思うでしょうね。

同僚には絶対に口外しないこと

すごく大事なことです。売り上げが上がり稼げるようになると気が大きくなります。でもそこはグッとこらえてください、絶対に同僚には言わない方が良いです。

同僚は裏切ります。たとえ仲が良くても、あなたを陥れようと企てることもないとは言い切れません。また、奢らないと脅しをかけてくる、なんて事もないとは言い切れませんよ。

なので、同僚を信用はしないこと。

できれば、共通の友人などもあるので誰にも言わないのが最善の方法だと僕は思っています。

ちなみに僕は家族にも友人にも言っていません。家族にはある程度稼げるようになったら言おうとは思っています。

サラリーマンの副業まとめ

サラリーマンの副業はうまくやりましょう。

ただ、どこかのアルバイトをする場合は注意してください。給料支払いの相談は必ずしましょう。所得税は「普通徴収」です。ご注意を。

注意点・・・

・副業の所得税は「普通徴収」

・同僚には秘密にする

上記2つの注意点をしっかり守ればバレる可能性は非常に低くなります。もちろん、会社で作業するのはNGです。

サーバー管理者が調べればアクセス先がわかりますし、陰険な会社はフィルターをしている可能性もあります。

サラリーマンが副業をするならブログやアフリエイトがオススメです。理由は隙間時間が使いやすいことです。電車での移動時間や出張先のホテルなど、あまり場所を選びません。客先に早めに着いたからカフェで少し作業なんてこともできますよね。時間の使い方でなんとでもなります。

そして、残業時間を減らせます。これは考え方ですが、本業の残業はなんの意味のない無駄な時間を費やしているだけですので、日中の仕事を早く終わらせ、退社する。残った時間を副業へ費やすなど時間の使い方次第で可能です。

ブログやアフィリエイトの始め方はおすすめ記事を読んでみてください。

サラリーマンの給料+αがあると、いつもより少し良い昼食とろうかな、PC壊れそうだから変えるかな、AppleWatch買おう(今欲しいものNo1です笑)、もちろん貯金もできます。

この「ほんの少しの贅沢」が最高です。

よく噂で「○○は稼げない」と拡がることがありますが、そう言うのは自分で判断しましょう。そういう噂に流される人のことを「情弱」と言います。しっかり自分で情報を集め、稼げる稼げないは判断することをおすすめします。

では良い副業ライフを!