育児・教育

【不登校YouTuber】少年革命家ゆたぼんについて、2児の父として思う事

不登校

こんにちは、ともおです。

小3、中1の父をしております。

最近何かと話題の沖縄の不登校YouTuber小学生について思うことがあるので書きます。

不登校YouTuberって?

まだ知らない人もいるかもしれませんので簡単に説明をしますね。

簡単に言えば「学校に行きたくない小学生代表」ですかね。

「行けない」のじゃなく「行きたくない」と言うのがミソになります。

理由は、「宿題をせず学校に行ったら先生に怒られた。」「無理やり宿題をやらされた」との事で、しまいには「周りの友達がロボットに見えた」らしいです。

そして、「自分はロボットになりたくない」と言う思いが湧いてきて、学校に行かなくなったと。

行きたい時に学校に行く「自由登校」にしてるようです。周りの子からしたら迷惑ですね。

義務教育ばのに行かなくていいの?

これは僕も気になって調べました。

義務教育って、学校に行かなきゃダメみたいだと思ってたんだけど、実際は親の責任って事でした。

通常行きたくても行けない子は、親は学校へ行かせようとしてるわけだから違反でもなんでもないですね。

ゆたぼんは・・・親が行かせようとしてない気もしないでもないですが。

これは小学生から見ると「革命家」ではなく「怠け者」として見られます。そして、「学校行かなくていいのか」と普通に学校に行ける子にも悪影響を及ぼす気がします。ゲームやアンパンチ以上に悪影響ですね。革命家でもなんでもないです。

ゆたぼんの親はどんな人?

調べました。自己紹介とかで昔やんちゃだったよ的なこと書く大人はちょっと信用できません。

盗んだバイクで云々

タバコを吸いながら廊下を云々

20回以上の転職

元暴走族副総長

恐喝、窃盗、etc

で、結局「うつ病」になって考え直した?らしいです。メンタル弱目ですかね。

今は心理カウンセラーらしいですが資格不要なので誰でもなれます。

以降は胡散臭すぎるので割愛しますね。

漢字はググればいい、計算は電卓がある

これはゆたぼんが言ってた言葉ですが、正直正論っぽく聞こえますが「え?」な感じですね。

親が言ったとしたら相当頭が悪いと思います。

漢字はググればいい

ググるために必要なものをリスト化

インターネット環境、通信環境

端末(PC、スマホ、タブレット等)

時間

当たり前ですが、ネット環境が必要になります。圏外では無理。で、それを検索するための端末。PCでもスマホでもタブレットでも良いです。

そして調べる時間が必要になりますね。

必ずしも時間をかけて書く事ができる状況ではないのと、初歩的な漢字すらかけないと全部調べるんですかね。他人(待たしている人)に迷惑をかけることになりますね。

計算は電卓があればいい

小学生ですから、たしかにそう思うかもしれませんね。単純な計算くらいならの話ですよ。

この子は会社員にはならないので問題ないかもしれません。

ただ、電卓があれば良いと言うのは間違いだと思います。なぜなら、「公式を知らなければ電卓は無意味」だからです。

例えば1000円のを買うときの消費税はいくら?と言う計算とか。

まあ普通なら×1.08すれば良いってすぐ出るんですが、これは全て計算方法があるから計算できるのであって、計算方法を知らない子が計算できるかと言えば「できない」が答えでしょう。

距離の計算、時間の計算、世の中にはいろんな計算がありますよ。

僕には、大人になる頃に必死で勉強をする彼の姿が思い浮かびます。と言うより、他人なのでどうでもよいんですが、そうなって欲しいですね。

批判は気にしない

この考えは素晴らしいですね。と言いたいところですが、逃げているだけのように思えます。

彼の発言に対してしっかり考えた「アンチではない」言葉には少し耳を傾けたほうがいいのでは、と思ったりしましたが、実際問題なのは本人ではないので何とも言えませんね。

10歳と言うことなら親の責任でもあります。

不登校の子たちの心に響いたか

結論、まったく響いてないでしょうね。不登校の子たちは小・中学生で13万人くらいいると言われています。同じように「学校へ行きたくない」と言う子はゼロではないでしょうね。

でもそのほとんどが、「体調の問題」や「いじめにあっている」や「馴染めない」事が原因だと思います。あくまで推測です。はっきりとわからない子もいるらしいですね。

中にはゆたぼんのように「勉強したくないから」と言う子もいるかもしれません。

不登校の子たちに悩んだら連絡くれと呼びかけていますが、それ以前に相談窓口へ相談してください。彼に連絡しないでください。何の根拠もなく、単に「行きたくなければ自信を持って行かなくていい」程度のことしか言わないと思います。

「死んだらいかん」てのは同意できます。

結局のところ何が問題なの?

問題点ですが、特にないです。他人ですから。

でも、これはみんな言っていますね。

親の問題、ただそれだけだと思います。彼のお母さんは泣きながらコメントしてたのを見たんですが、泣くと言うことは不登校を認めていないとしか思えません。我慢して認めてる?とか。

本当は学校に行って欲しいけど、彼の言うことを尊重するみたいなことを言っていましたが、本当にそうなんでしょうか。

何かいろいろな疑いを持ってしまいますね。

僕も小・中学生の息子を持つ親なので、結構見過ごせない人たちです。

皆さんいろんな意見があると思います。

でも決して「賛否両論」ではないことだけ理解してください。大半は反対派だと思います。

一部だけを聞けば、すごいな、すごい決断力だなと思いますが、全体を通して詳しく見ると全然違いましたね。

さ、勉強しよう。