ブログ運営

【WordPress】スマホアプリからの投稿ができない時の対処法

こんにちは、ともおです。

今回はロリポップサーバーを使い、WordPressをインストールした後のお話。

こんな人におすすめ
  • ロリポップサーバーを使っている方
  • WordPressをインストールした方
  • スマホアプリで投稿する方

WordPressスマホアプリから投稿できない

WordPressアプリから投稿できない症状

スマホのアプリから記事を投稿しようとすると、以下のメッセージが出ます。

公開する際にエラーが発生しました。

コレが出るといくら投稿しようとしてもできません。

WordPressアプリから投稿でいない原因

原因ですが、「WAF」が影響しています。

WAFとは「Web Application Firewall(ウェブアプリケーションファイアーウォール)」のこと、外部からのアクセスを拒否してるんですね。

通常は外部からの不正アクセスを遮断し、データの改ざんや情報漏洩などを防いでくれるんですが、コレが悪さをしていることで外部から書き込みすらできない状況となっています。

WordPressアプリから投稿できない時の対処方法

対処方法は「WAF」をOFFにすれば解決・・・なんてことはしない方が良いです。セキュリティー面で問題になりますので、アプリからの書き込みだけを許可するように設定しましょう。

WordPressアプリから投稿できない時の対処手順

では、対処手順を説明します。

この設定をすることで安全にアプリからのみ書き込みが可能になります。

まずはWAFがどこで設定(ON/OFF)できるか確認しましょう

ロリポップへログインます。

セキュリティより「WAF設定」を選択します。

ドメイン名の横に設定状態「有効」となっているはずです。

これを無効にしてしまうと、全てのアクセスを許可しているのと同じことになるので有効のままにしましょう。

別の方法でWAFを設定する

前項では単純なON/OFFでしたが、それだと全体をOFFしてしまうのでWordPressアプリからの書き込みのみOFFにしましょう。

この設定は「.htaccess」と言うファイルの中身を変更(追記)することでできます。

とりあえず.htaccessで制御できるんだ〜と簡単に頭の片隅へ放り投げておいてください。

.htaccessファイルの場所

ロリポップFTPを表示させます。

ロリポップFTPを開きます。

この中で実際にブログに使用しているファイルやフォルダが確認できます。

また、迂闊に削除しないよう十分に注意してください。間違えて削除してしまうと戻すことができなくなる場合があります。

サイトやブログを複数お持ちの方は1つの編集で済むようにルートディレクトリに作成しましょう。もしくはルートディレクトリにある.htaccessファイルを編集しましょう。

まず、必ずコピーを取りましょう。コピー(バックアップ)は今後も大変重要です。

.htaccessファイルを編集する

.htaccessファイルを開きましょう。

これは編集前のデータです。

この最終行に1行追加することでWordPressアプリからアクセスが可能になります。

もう少しで完了です、頑張ってください。

SiteGuard_User_ExcludeSig bof-try-2

上記1行を最終行「#END WordPress」の次の行にコピペしましょう。一番最後の行です。

最後に保存をして完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。トラブルがあった時、どのように対処するかで継続できるか決まります。壁に当たったら乗り越えられないと萎えますよね、僕も何回も萎えました。

では、引き続きがんばっていきましょう!